FC2ブログ

日々是勉強~あんまりしてないけど~

毎日ちょっと気づいたこと、勉強になったことなどを綴って行きたいと思います。 多分グルメとかパソコンとかお小遣い稼ぎなどがメインです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

多摩センター動物病院事件・・・。 

先日テレビ朝日のスーパーモーニングで拝見したのですが、あまりにショックだったので書いておこうと思います・・・。
ちなみに詳しくはこちらのサイトにまとめられています。
多摩センター動物病院事件のまとめ


朝からテレビで見てびっくりです。
まず飼い主が入れない診察室&手術室。
そこで、飼い主から預かったペットをずさん極まりない手術で傷つける、どう見ても誤診で来る前より具合を悪化させておいて高額の治療費を請求する。
(なんで気管にゴム手袋とか軍手とかきっつきつに詰まるんでしょう。手術前は元気だったのに。獣医が詰めたとしか思えない、と被害者の方がおっしゃってました。)
挙句の果てに、リスを預けた方は、預けたのと違うリスを返される・・・。
「顔が違う、柄も色も違う、大きさも違う。なにより大人のリスだったのに、返されたのはまだ子供だった」とおっしゃってました・・・。
そのりすちゃんは肘の手術のために入院したそうなのですが、返された子供のリスは当然のごとく手術の痕がなかったので、そのことを指摘したら、そのまま手術室に入って行ったそうです。
そして数分後、手のひらを見たら、手や足、お腹が切り裂かれて縫合もされていないリスが・・・!

えええええー!?
色んな意味で有り得ないと思いました・・・。
元気になってほしい、と24時間体制の病院に駆け込んだのに、全く逆の処置などされた日には、どれほど切ないことだろうとショックでした。

獣の、とはいえ医者なのに。お医者さんと聞いただけで、助けてくれる人だと信じていた私にはとても衝撃的な話でした。
信じられなかったのは、被害を受けた方々と裁判で争い、敗訴になったにも関わらずまだ営業していたことでした・・・。

ペットと暮らしている皆様、獣医さんに連れて行かれる際にはせめてネットで確認なさってから行った方がいいと思います。今回も、ネットで悪評を聞いて、あわてて迎えに行ったのに間に合わなかった悲しい事例もありました。
一緒に暮らすペットには、せめて少しでも長生きして欲しいと思います。
スポンサーサイト
なんてひどい!
ありえない獣医ですね! そう言う獣医には、医師免許を剥奪して欲しいです!
うちの子(猫)がそんな目にあったらと思うと、とても夜も眠れません…。
[ 2007/11/16 00:07 ] にゃんこ好き [ 編集 ]
ひどいことです。
愛猫ちゃんには是非、かかりつけの病院を作ってあげてくださいねv
[ 2007/11/16 01:26 ] 安芸山 林檎 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。